[Joomla!]Joomla!3.1.5をインストールしてみる

どうも!御無沙汰の投稿です!

ここ最近はゲリラ雷雨などで落雷や浸水などで被害もあるようで、自然の驚異を感じる毎日ですね。

さて、今回はCMSのひとつJoomla!のインストールや設定について調べてみたので、その内容を記事にしてみようと思います♪

1.Joomlaを以下のサイトのキャプチャの印からより日本語版のJoomla_3.1.5_in_Japanese.zipをダウンロード

Joomla!じゃぱん
joomla_japan

2.任意のサーバに解凍してアップロード

(設定例:http://sample_site.jp/joomla)

3.http://sample_site.jp/joomlaにアクセス(自動的にjumula/Installationにリダイレクト)してサイトを設定

3-1.サイトの基本情報を設定

・サイト名:任意のサイト名を入力
・サイトの説明:任意のサイトの説明を入力
・サイトオフライン:インストール後、サイトの公開・非公開を設定(今回はすぐに公開しないので、「はい」に設定します。)
・管理者Eメール:管理者宛のメールが届くメールアドレスを入力
・管理者ユーザ名:管理者ログインに使用するユーザ名
・管理者パスワード:管理者ログインに使用するパスワード

joomla_install_01

3-2.データベースを設定

今回はMySQLを使ってインストールします。
事前にMySQLでデータベースを作成し、ホスト名、ユーザ名、パスワードを設定しておきます。

・データベース:環境に合わせて入力(今回の環境ではMySQLiを設定)
・ホスト名:環境に合わせて入力(今回の環境ではlocalhostを設定)
・ユーザ名:データベースのユーザ名を入力
・パスワード:データベースのパスワードを入力
・データベース名:データベース名を入力
・テーブルプレフィックス:テーブル名に共通でつけられる文字列
・古いデータベースの処理(アップデートする場合に既存のデータベースの処理をどのようにするかを設定)

joomla_install_02

3-3.FTPの設定(今回は使用しないので割愛します)

joomla_install_03

3-4.概要、最終確認

・サンプルデータのインストール(今回は初めてということでJoomla!を学ぶを選択しました。)
・メール通知:インストール後に設定内容をメール送信
joomla_install_04

3-5.インストール完了

※「必ずinstallationディレクトリを削除してください。installationディレクトリを削除するまではシステムを利用できません。」という警告が出ているので、「installationディレクトリを削除する」ボタンで削除を実行します。
(「エラー installationディレクトリを削除することができませんでした。手動でフォルダを削除してください。」とエラーが出る場合は手動で削除します。場所:joomla/installation)
※「通知 設定ファイルの生成中に問題が発生しました。設定ファイルあるいはディレクトリが書き込み可能でないため、手動で次のコードをアップロードする必要があります。テキストエリアをクリックしてすべてのコードを選択状態にしてコピーし、新規テキストファイルに貼り付けて、ファイル名を「configuration.php」とし、サイトのルートフォルダにアップロードしてください。」という通知が出る場合は、指示通りに通知下に表示されるソースコードをファイルにコピペして「configuration.php」という名前で保存し、joomla/configuration.phpとなるようにアップロードし、パーミッションを666にしておきます。(!注意:書き込みを許可しないと管理画面から設定ができません)

joomla_install_05

4.サイトにアクセスする

・http://sample_site.jp/joomla/にアクセスするとデフォルトを非公開に設定したため、メンテナンスメッセージとログインボックスが表示されます。
joomla_install_06

・ログインボックスに設定した管理者ユーザ名、パスワードを入力するとトップページが表示されます。
joomla_install_07

5.管理画面にアクセスする

・http://sample_site.jp/joomla/administrator/にアクセスすると管理画面へのログインボックスが表示されます。
joomla_install_08

・ログインボックスに設定した管理者ユーザ名、パスワードを入力すると管理画面が表示されます。
joomla_install_09

6.非公開→公開に設定する

・今回はインストール後、非公開にする設定をしたので、公開にする方法も掲載しておきます。

・管理画面でシステム→グローバル設定を選択
joomla_install_10
・メンテナンスモードが「はい」になっている場合、非公開状態なので、公開する場合には「いいえ」に設定し保存します。
joomla_install_11

あとは管理画面から記事を投稿したり、テンプレートをカスタマイズしたりと、
オリジナリティあるサイト構築を楽しんでみてください♪