HTTP_Downloadの使い方の覚書

require_once("HTTP/Download.php"); //PEARの呼び出し
//パラメータを連想配列で指定
 $params = array(
 "file" => "./download/main.gif", //ダウンロードするファイルの相対パス
 "contenttype" => "image/gif" //ファイルのコンテンツタイプ
 );
$download = new HTTP_Download($params); //オブジェクトを作成
 $download -> setContentDisposition(HTTP_DOWNLOAD_ATTACHMENT, "main.gif"); //ファイル名を指定
 $download -> send(); //オブジェクトの実行

■パラメータ

○必須パラメータ
file ファイルパス
data 生データ
resource リソースハンドル

○任意パラメータ
gzip gzipダウンロードを行うかどうか
cache ダウンロードするものをクライアント側にキャッシュさせるかどうか
lastmodified 最終更新日時の UNIX タイムスタンプ
contenttype データのContent-type
contentdisposition Content-disposition
buffersize 一度に読み込むバイト数
throttledelay 各チャンク送出後の停止秒数
cachecontrol キャッシュのプライバシーと妥当性

■参考サイト
ファイルダウンロード(PEAR::HTTP_Download) – PEAR入門