WPの記事をtwitterに自動投稿するプラグイン『Tweetable』

よく情報系のtwitterのTLを読んでると
ブログ記事への短縮URLのついたツイートを目にしますねー。
それをやってみたいと思いプラグインを調べたら
『Tweetable』というものを発見。

しかし、結構設定がややこしかったので覚え書き。

  1. Tweetableをダウンロードしてインストール。インストールすると管理画面でTwitterという項目が出るので中身を色々と設定。
  2. Register Applicationのボタンをクリックしてアプリケーション登録。
      • Application Name ブログの名前
      • Description ブログの説明
      • Application Website ブログのURL
      • Orgnization 組織、団体名
      • Website WebサイトのURL
      • Application Type 今回はBrowserを選択
      • Callback URL 下の画像に書いてあるよう5番目の項目をコピペして入力
    • Default Access type Read&Writeを選択
    • Use Twitter for login チェックは外したままに
    • 認証画像の文字を入力した後、保存し、WordPressに戻りContinueをクリック
  3. アプリケーション登録が終わったらTwitter DevelopersのMy Application内のOAuth SettingsよりConsumer KeyとConsumer Secretを取得して入力し、Save&Continue。
  4. Twitter Usernameを入力して、Save&Continue。
  5. 自身のtwitterアカウントにオーソライズして認証すればtwitterとの連携設定は終了。
  6. WordPressのTwitterの項目から短縮URLを設定。bit.lyのURLを使うにはbit.lyにユーザー登録をしてAPIキーを取得する必要あり。

なんか色々と複雑だけど、Twitter APIのことが少し分かった気がする?